読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

ブログを書くことが「うつ病克服」に繋がるたった一つの理由

運営
スポンサーリンク

Pick up!

f:id:tomo-blog:20160614210943j:plain

毎日のように無我夢中でブログを書くことで気付いたことがあります。それはブログを書いているときは「精神が安定」することです。そしてこれは、うつ病の人に有効に機能するのではないかと思ったので、共有します。

 

目次

 

精神的ストレス=感情の抑圧

うつ病になるのは精神的ストレスが原因だと言われていますが、その精神的ストレスになる主な原因としては、「感情の抑圧」が挙げられます。感情の抑圧とは、何か感情(主に負の感情)が込み上げてきた際に、その感情をグッと堪えることです。

 

例えば、「会社や上司から納得のいかない指示を受ける(でも立場上反論できない)」、「SNSで友達の目を気にして言いたいこともいえない」などです。

 

感情の抑圧が爆発=うつ病になる

このとき、あなたの身体には異変が起きています。身体に力が入り、筋肉が緊張状態になるのです。専門家によれば、うつ病の人は、筋肉が必ずと言っていい程、緊張状態にあるみたいです。

 

そしてその感情を溜め込んで、溜め込んで、抑え込んでいる筋肉の限界を超えると、抑え込んでいた感情たちが一斉に溢れ出るというのです。爆発とも言いますね。

 

この「感情が爆発」してしまった状態が、いわゆるうつ病になります。吉本興業の芸人、岡村隆史さんも爆発してしまい、半年間の休業を余儀なくされましたよね。そうです、感情は解放してあげなくてはならないのです。

 


感情の解放=ブログを書くこと=うつ病克服

そこで僕が感情の解放の手段としてお勧めしたいのが「ブログを書くこと」です。ブログを書いている人には、きっと共感してもらえると思うのですが、自分の頭の中で考えていることを「文字に書き起こす」、「可視化する」、「言語化する」という行為は非常に気持ちがいいものなのです。

 

なんというか「精神が安定」するのです。「心の整理・整頓」になるのです。「頭がスッキリ」するのです。「心のもやもやが浄化」されるのです。自分の心の中のものを吐き出すというのは、うんちと一緒で、非常に気持ちがいいことなのです。うんちと一緒で、適宜吐き出してあげないといけないのです。

 

 

ブログを書くことが「うつ病克服」になるたった一つの理由

もちろん、感情の解放として一般的に知られる「身体を動かすこと」や「美味しいものを食べること」、「好きなことをすること」も大切ですよ。でも僕はそれに併用して「ブログを書くこと」にも取り組んでみて欲しいのです。一度騙されたと思ってブログを書いてみてください。心が晴れ晴れしますよ。本当です。 

 

▼話題の本が500円未満(Kindleなら300円程度)▼

 

うつ病の治療方法である精神科の薬について

tomolog.hatenadiary.jp

うつ病の大敵「嫌なことへの対処法」について 

tomolog.hatenadiary.jp