読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

初詣は厄除けで有名な「川崎大師」混雑度1~2時間

スポンサーリンク

Pick up!

今年の初詣は、厄除けで有名な川崎大師に行ってきました。年間300万人が訪れる神社ということで、混雑度を懸念していたのですが、そこまで並びませんでした。(2016年1月2日14~17時の間)

 

f:id:tomo-blog:20160102163305j:plain

 

目次

 

川崎大師への通りの屋台

川崎駅から川崎大師への通りには、屋台がずらーっと並んでおり、全部で50店舗以上はあるように感じました。じゃがバターや焼きそば、たこ焼き、ベビーカステラ、フランクフルト、佐世保バーガー、チョコバナナ、唐揚げなど、定番の屋台は一通り揃っていました。ただし、ここで気を付けなればならない屋台があります。それはたこ焼きと佐世保バーガーです。

 

たこ焼き店はいくつかあるのですが、なかには客寄せで大きなタコの切り身を水に付けて店頭に置いているお店があります。そのタコは水を吸って膨張しているだけなので騙されてはいけません。さらに、たこ焼きの中にうずらの卵を入れて、タコで勝負していません。

 

佐世保バーガーも酷いです。何が酷いかというと、ケチャップを大量に付けており、味を誤魔化しています。ほぼケチャップの味しかしませんでした。こうやって素材が悪い店は、あの手この手でお客さんを騙してくるので、この記事の読者の方は気を付けてください。

 

川崎大師の混雑度

川崎大師の混雑度は1〜2時間程でした。実際に並んだ感想としては、スイスイ進むので、とても早く感じました。何より、警備員がしっかりと入場規制してくれているので、お祈りやおみくじや手を洗う場などゆったりできたのがよかったです。

 

川崎大師までの行列

f:id:tomo-blog:20160102150839j:plain

川崎大師への通りの屋台の終わり辺りから、急に住宅街になっており、その辺りから列をなしていました。 

 

f:id:tomo-blog:20160102152514j:plain

30分強で境内案内図がある川崎大師の入り口まで来れました。

 

f:id:tomo-blog:20160102152548j:plain

謹賀新年の入り口。お正月感がいいです。

 

f:id:tomo-blog:20160102152759j:plain

入り口を抜けると警備員がしっかりと入場規制をしているので、非常に神社内でゆったりと煙を頭に被ったり、手を浄化することができたり、写真を撮ることができました。

 

f:id:tomo-blog:20160102153120j:plain

川崎大師の左側には屋台と五重の塔が見えました。

 

f:id:tomo-blog:20160102153115j:plain

五重の塔には目もくれず、僕らは賽銭箱へ。

 

f:id:tomo-blog:20160102153331j:plain

賽銭箱の前も入場規制を警備員がしっかりとしてくれているので、お祈りも安全にできました。

 

f:id:tomo-blog:20160102153932j:plain

写真もこの通り、ゆったり安全に撮れました。それにしても、この画凄い。笑

 

川崎大師のお札、お守り、おみくじ

f:id:tomo-blog:20160103002848j:plain

お賽銭を終えたら、御札やお守りを購入できるスペースがあります。その後、おみくじができるエリアがあり、その後、おみくじを括りつけるゾーンがあります。

 

この通り、川崎大師は入り口から、お清め、お祈り、お札やお守りの購入、おみくじと非常に動線がスムーズでしっかりとしており、ノンストレスで楽しめる素晴らしい神社でした。

 

川崎大師の帰り道

f:id:tomo-blog:20160102160205j:plain

川崎大師からの帰り道は雰囲気のある洒落たお店が並んでおり、素敵なお店が多いので、ついつい買いたくなってしまうお店ばかりです。

 

f:id:tomo-blog:20160103002939j:plain

僕はお味噌汁のお椀を購入しました。1600円程。普段は100円のお椀を使用していたので、思い切っていいものを購入しちゃいました。満足度高いです。

 

まとめ「初詣に川崎大師はお勧め」

今回、初めて川崎大師に行きましたが、川崎大師、非常によかったです。

 

厄除けで有名な神社なので、それで人気を博していると思っていたのですが、実際に行ってみたら、川崎大師までのバラエティ豊かな屋台、行列のスイスイ度(混雑度)、警備員の誘導、川崎大師の動線(浄化、お賽銭、お守り・お札、おみくじ、おみやげ)と素晴らしい流れでした。

 

是非、皆さんも初詣は川崎大師に行ってみてはいかがでしょうか。厄年なら非常にお勧めします。僕はこれから厄年は川崎大師に行くことに決めました。それほど満足度が高い神社でした。

 

神社検定公式テキスト1『神社のいろは』

神社検定公式テキスト1『神社のいろは』