読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

有給休暇取得・消化できない会社はブラックという話

仕事
スポンサーリンク

Pick up!

f:id:tomo-blog:20160630223633j:plain

いま僕が勤めている会社が有給休暇取得・消化100%で、精神的に非常に快適なので、このブログの読者にも有給休暇率100%の会社に入ることをおすすめします。

 

目次

 

有給休暇の重要性

有給休暇について就職・転職するときに、正直あまり関心が高い事柄じゃないと思います。僕もその一人でした。仕事内容と社風の2軸でした。

 

しかし、入ってみて感じたのが、有給休暇がちゃんと取れることが非常に幸福度や満足度に直結するということです。

 

例えば、月に祝日が一日もない場合などに、これが非常に効果を発揮するんですよ。何週間も週5出勤が続く場合と、2〜3週間に一回は週4や週3出勤で済む場合だと、全然精神的に違うんです。

 

有給休暇取得・消化できるか、できないのか調べる

では、どうやって有給休暇が取れる会社であることを入社前に知ればいいのか、それはネットや募集要項で掲載しているかどうかを見ることです。有給休暇が取れる会社なら記載している会社が多いでしょう。

 

確実なのは、もう直接面接で聞くか、OBG訪問で訪ねることです。これは臆せず聞いた方がいいと思います。確かに有給休暇なんて質問するのは、マイナスに取られそうで聞きにくいと思うのですが、できるビジネスマンはしっかり聞くんですよ。本当です。

 

モチベーションや自己管理、スケジュール管理が上手い人ほど休むのも上手いんです。だからもちろん有給休暇も臆せず尋ねて、臆せず消化しましょう。

 

有給休暇取得・消化もできない会社はブラック

そもそも論なんですが、有給休暇も取れないような経営をしている会社なんて、ブラックですよ。そのようなスタイルじゃないと経営を継続できない、ビジネスが上手く回らないなんて、正直経営者失格です。

 

しっかりした会社ほど、有給休暇取得・消化率100%であることが多いはずです。調べてみればわかると思います。

 

まとめ〜有給休暇取得・消化できない会社はブラックという話〜

若い人は成長したいからと終電帰りに憧れたり、時間がない・忙しいなんて思いたい年頃かもしれませんが、大事なのは時間当り生産性なんです。定時上がりで有給休暇100%の会社に入り、休日は各自スキルアップに励めば成長なんていくらでもできます。

 

転職・就職する際に、有給休暇なんてあまり考慮しないと思うのですが、一度有給休暇100%を経験するとその快適さが非常によくわかると思います。騙されたと思って、有給休暇取得・消化100%の会社に入ってみてください。価値観変わると思いますよ。