読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

【メルカリの使い方】トラブル回避術・出品のコツまとめ

節約
スポンサーリンク

Pick up!

メルカリというフリマアプリをご存知でしょうか。使い方は非常に簡単で、スマートフォンで物を出品したり、購入したり売買できるアプリです。

 

実際に僕自身、このメルカリというアプリで、50回以上の取引(全て高評価)をし、20万円程、売上げました。今回はその経験から得た高評価のコツ・トラブル回避術をここで共有したいと思います。

 

目次

 

メルカリのユーザー数と月間総売上高

2013年7月にサービスを開始すると、今年2月に国内で1000万DLを突破、9月には1800万DLと、フリマアプリでは国内最大のユーザー基盤を誇る。(中略)

 

スマホを通じたオークション・フリマサービスのユーザー数(アプリとブラウザの合算、8月の数値)は、メルカリが567万人。ヤフオク!(1589万人)に次ぐ2位につけている。(中略)

 

メルカリは月間流通額を数十億円としているが、具体的な額は非公表。業界関係者の話を総合すると、フリマアプリは高単価の秋冬物衣料品の売買が盛んな10~12月が最大の書き入れ時で、メルカリはピーク時には50億~70億円程度の月間流通額があるもようだ。(中略)

 

月間流通額が平均で約700億円に迫るヤフオク!も、スマホアプリを通じて若年層の開拓に力を入れる。

混戦のフリマアプリ、後発メルカリが爆伸 | 週刊東洋経済(ビジネス) | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

驚くべきことにメルカリは、ここ2年で2000万近くものダウンロードされており、ユーザー数も600万人を超える勢いです。ヤフオクの1600万人にも驚きですが、2年で600万人ものユーザー数を抱えるメルカリは化け物ですね。

 

また、月間の総売上高もピーク時には50億円以上にもなるというのです。スマートフォン市場の規模の大きさに驚きです。

 

メルカリのユーザー数増加と共に目立つマナーの悪いユーザー

しかし、ユーザー数の増加と共に、マナーの悪いユーザーが目に付くようになってきました。以前はすんなり取引ができたことも、最近は非常識な値下げのお願いや、お取り置きをお願いしたのにも関わらず、ドタキャン、酷い場合は無視されることは少なくありません。

 

中には購入後に値下げを要求してきて、商品到着後にほぼ未使用の商品を使用感有りと表記して出品したのにも関わらず、色が薄いような気がするのですが?といちゃもんを付けてくる購入者の方もいました。

 

使い方1:メルカリのトラブル回避術

f:id:tomo-blog:20151104010842j:plain

しかし、僕はそのような質の悪いユーザーに遭遇したにも関わらず、良い評価以外の普通・悪い評価はありません。その回避術を下記に紹介します。

 

1.評価を見て普通・悪い評価を付いている人は要注意

出品や購入する際に、そのユーザーの評価を見れるのがメルカリのいいところです。これは見ない手はありません。これでだいたいの質の悪いユーザーは回避できると思います。

 

僕が実際にトラブルに遭った購入者も、評価の母数に対して普通と悪い評価が多い人でした。ちなみにその人は、出品している商品も怪しいブランド品ばかりでした。。

 

2.評価のコメントや出品物でのやり取りをチェックする

上記と重なるのですが、高い評価でもコメントがあんまりよくない場合は注意した方がいいです。また、出品物が怪しかったり、そこでのやり取りがいい加減でしたらトラブル度は高いです。

 

3.非常識な値下げを要求してくる人は相手にしない

メルカリは値下げが多いアプリなのですが、少しの値下げならまだしも、3000円の商品なのに1500円になりませんか?とか半額のお願いをしてくるようなユーザーが意外にも多いことに驚く方も多いのではないでしょうか。

 

そのようなユーザーに応じて取引したことがあるのですが、そういうユーザーは、取引でも無茶なお願いをしてきたりするのです。ですから、そのような人は思い切ってお客さんから外した方がいいでしょう。後で痛い目を遭います。

 

使い方2:メルカリの出品のコツ

f:id:tomo-blog:20151104011150j:plain

メルカリのいいところは、その物の市場価値がわかるところです。出品する商品は高すぎても低すぎてもいけません。今回はそんな市場価値に着目して、紹介したいと思います。

 

1.キーワード検索して相場を調べる

メルカリで商品を出品する前に、予めその商品の相場を調べてみましょう。メルカリはリリースしてから既に2年以上経っているので、だいたい過去に取引されている形跡があるはずです。その商品郡を見ることで、その物の相場を知りましょう。できることなら、他のフリマアプリやサービスもチェックするといいでしょう。

 

2.相場よりも少し高めで出品する

相場を調べたら、まずは少し高めで出品してみましょう。なぜなら、少し高めでもタイミングによっては欲しいと思う購入者もいるからです。それで一旦様子を見てから、徐々に低くしていくのが理想的です。

 

また、メルカリは値下げが文化としてある特殊なマーケットなので、その分を考慮して出品するという意味でもいいのです。

 

3.いいね数で需要をチェック

出品しても全然売れないという方は、いいね数をチェックしてみることをお勧めします。よく出品者の方でいいね不要と明記している方が多いのですが、実はいいね数は需要を表す重要な判断数値になるので、大切なのです。

 

確かに、いいね数が10個以上も付いているのにも関わらず、購入申請がされないことは歯痒いですが、それは需要がある証拠なので、価格を少しでも下げたら購入される可能性が高いのです。

 

逆に、いいね数が全く付かない商品は、需要に対して価格が適切でない可能性が高いので、価格を見直してみた方がいいでしょう。

 

4.送料込みして出品する

送料込みにすると購入のハードルが下がるので、なるべく送料込みで出品することをお勧めします。送料込み出ない場合、送料がいくら掛かるのか不安なため、余計なやり取りも発生してしまいがちです。

 

よく金欠のため送料込みは不可にしています、という出品者をお見かけするのですが、これはお客さん目線に欠けている態度なので、控えましょう。

 

5.写真を綺麗に撮り、内容も詳細に書く

これは基本的な点なので、ここで紹介するようなことでもないのですが、これが本当にバカにならなく、写真を変えただけで反応がよくなったりしたことが少なくないので、改めて載せておきました。基本的なことですが、本当にこれは大事なんです。

 

6.コメントへの返信は迅速にする

購入者さんからの質問等へのコメントは迅速に返してあげましょう。こういう物の売買は衝動買いだったり、熱がある内がチャンスなので、一日でも間が空いてしまうと気持ちが冷めてしまうことが少なくありません。そういう意味では、お取り置きもあんまり成約率が高くありませんので、気を付けてください。

 

使い方3:メルカリ出品者向けトラブルを防止するプロフィールの文章

​ご訪問ありがとうございます。


下記5つのルールを一度ご覧になって頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。


1.お値下げはご遠慮頂いております。


2.評価なし・普通・悪い評価がお付きの方はご購入前にお声掛けお願いします。


3.出品、発送前に必ず検品をしておりますが、神経質な方はご購入をご遠慮頂いております。


4.発送途中の破損や紛失、事故につきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。


5.寸法については、最善を尽くしおりますが、あくまで素人寸法ですので、ご了承ください。

僕はこのようにプロフィールの文章を記載しています。このプロフィールのおかげで、全部いい評価を獲得しています。ぜひ皆さんもこちらの文章を参考に出品してみてください。この文章丸ごと全然コピペしてもらってもいいですよ♪

 

メルカリの使い方「まとめ」

メルカリはユーザーのリテラシーも低く、マナーの悪い人も少なくないので、イライラすることも多いかと思うのですが、そういうマナーの悪い人は上述した通りかなりの確率で見分けることができるので、意外にも悪い評価は回避できます。

 

そして、もしトラブルに見舞われても、運営にお問い合わせしてみることで、評価にならないように、やり取りを仲介してくれるので、最悪なんとかなります。

 

とはいえ、運営側も基本的にはユーザー同士のトラブルには巻き込まれたくない体制を取っているので、やはり悪い評価や評価数そのものが少ないユーザーとの取引はなるべく避けるのがベストだと思います。

 

本当に簡単に写真をとって商品について少し書けばいいだけで、600万人のユーザーに向けて出品ができるので、 不要品で家の中が溢れている人は是非この機会に出品してみることをオススメします。また欲しい商品も安価で手に入れることができるので、非常に便利です。

 

▼招待コード【vNs865】で300円!▼

 

【節約記事】クーポンまとめ

tomolog.hatenadiary.jp

tomolog.hatenadiary.jp

tomolog.hatenadiary.jp

tomolog.hatenadiary.jp