ともろぐ

お金や仕事に困らない知識を身につけよう!

結婚したい・できない・したくないを考察【男女の統計調査】

スポンサーリンク

Pick up!

f:id:tomo-blog:20160618163253j:plain

最近、友達と結婚について語り合うことが多くなったので、未婚・独身女性が希望する未婚・独身男性の年収・割合など、明治安田生命の文献*1を熟読し、考察してみました。 ※調査期間は2014年3月21日~24日、全国の20歳~49歳の男女3,616人を対象にWEBアンケートで実施

 

目次

 

20代の未婚男性の7割、女性の8割以上が「結婚したい」

f:id:tomo-blog:20151103170637p:plain

f:id:tomo-blog:20151103171830p:plain

・20代で恋人がいる未婚男性は5人に1人
・20代の未婚男性の4割が女性との交際経験なし、30代でも3人に1人が交際未経験

・平均初婚年齢が男性30.9歳、女性29.3歳
(厚生労働省「平成25年人口動態統計月報年計」) 

結婚したいと思うが、交際相手がいる人が少ないのが面白いですね。そして、女性の交際相手がいる割合が男性のおよそ倍というのも、面白い結果です。これは男性のモテ格差の現れで、モテる男性が複数の女性と交際していると推測できます。グッピー理論*2ですね。

 

また、交際経験がなしの20代の未婚男性が4割もいます。これは非常に気持ちがわかります。僕も女性と話せるようになるのは20歳を超えてからで、失敗し恥をかきながらも女性とコミュニケーションを図ることで、徐々に慣れていきましたから、そういう行動に踏み出せなかった人がいるのは不思議でもありません。

 

インターネットと娯楽の増加=女性の競争相手

そもそも女性にあまり興味関心がないという人も増えているかと思います。いや、正確に言えば、昔と違い現代社会はインターネットで簡単に女性の裸体を見ることができるようになったので、それで満足している人が多いというのもあると思います。

 

結婚したい女性にとっては、いい男性と結婚したいと思うでしょう。そんな結婚したい女性にとっての真の競争相手は同性というよりも、実は娯楽の増加が強いです。また、家事代行サービスや、美味しい食事を提供してくれるソリューションも沢山あるので、女性に求めていたものの代替が可能になったというのが大きいわけです。

 

年収400万円問題:世帯年収と幸せ度の関係

f:id:tomo-blog:20151103172206p:plain

・未婚女性が結婚相手に最低限求めたい年収400万円以上は、20代は57.1%、30代では65.5%

・未婚男性の年収400万円以上は、20代では11.7%、30代でも26.7%

・未婚男性の年収300万円未満は、20代では65.5%、30代でも45.4%

・年収が高いほど幸せと感じている女性が増える傾向も、年収400万円以上では年収上昇による変化は細微 *3

未婚女性が結婚相手に最低限求める年収は400万以上が20代30代共に半数を超える結果となっています。その結果を裏付けるように、未婚男性の年収400万円以上は20代で1割程、30代でも4人に1人しかおりません。

 

そして面白いことに、幸福度調査に関しても、年収400万円がボーダーになっているのです。これをいい結果と捉えるのか、悪い結果と捉えるのかですが、結婚したい未婚男性からすると僕はいい結果と捉えています。逆に、専業主婦に憧れる未婚女性からしてみると、これは悪い結果と捉えられます。

 

一人の年収で400万円を稼ぐのは難しいとしても、女性も合わせた世帯年収として考えてみれば、年収400万円は難しい話ではありません。これからは共働きで年収400万円〜600万円程で暮らすのが、一般的な幸せな家庭になっていくのではないかと思います。

 

4人に1人が結婚に至る「婚活」

f:id:tomo-blog:20151103180432p:plain

f:id:tomo-blog:20151103180726p:plain

・職場結婚は、 男女とも結婚相手との出会い方の3割

・4人に1人が結婚に結びついている 

女性の半数程度が婚活経験がある結果になったのですが、この婚活で結婚に至った人は4人に1人みたいです。正直少ないと思ったのですが、予めスペックなどがわかっている状態で知り合うことが多い婚活という出会いだと、加点方式ではなく、減点方式で異性を品定めするので、仕方がないのかもしれません。

 

結婚したい・できない・したくないを考察【男女の統計調査】

・未婚男性は年収400万円以上を目指そう

・未婚女性は共働きで年収600万円以上を目指そう

・結婚したい男女は婚活と自然な出会いのハイブリッドで結婚を目指そう

 

女性の結婚相手に求める年収ボーダーと幸福度調査の結果から、結婚したい男性の理想年収は400万円以上ということが判明しました。

 

この結果を踏まえると、これから男性の年収は下がることが見込まれるので、専業主婦を目指す女性は結婚が難しくなります。そして、多くの家庭は共働きによって年収400万〜600万円、理想は600万円以上を目指すのが現実的なところなのではないか、という結論に落ち着きましたがいかがでしょうか。