読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

実録・月80時間残業するとどうなる

仕事
スポンサーリンク

Pick up!

f:id:tomo-blog:20160605111113j:plain

ブラック企業にお勤めの方々の実録長時間残業ブログが話題になっているみたいなので、僕も綴ってみます。

 

目次

 

実録・月80・月100・月300時間残業するとどうなるまとめ

 

攻撃的になる

もうどうとでもなれ状態です。何かとイラついていました。とにかくストレスが溜まっていて、何もかもが嫌になっていました。

 

余裕がなくなる

これは恐ろしいです。彼女に連絡して、土日に会いたがりました。彼女が空いていないと、なんで?どうして?理由は?次はいつ空いてるの?と予定が空いている日があるまで問い詰めました。翌日、振られました。

 

死にたくなる

彼女に振られたことも大きいですが、これです。本当にこれです。ホームで電車を待っているときに、このまま飛び込んだら楽になれるんだよなあと思ってました。こんなこと思ったのはこのときが初めてです。

 

元気がなくなる

もう声がびっくりするくらい小さくなりました。ちゃんと喋れなくなるのです。

 

動きが鈍くなる

これは僕だけでしょうか。思うように身体が動かなくなりました。自分の動きがスローモーションになるのです。人生で初めてですよ。なにこれ。

 

生産性が低くなる

全然頭が働かないのです。もう自分が何をやっているのかよくわからなくなりました。

 

土日に何もしなくなる

休日遊ぶ気が起きなくなり、自宅で引きこもっていました。そもそも残業代もなく、最低賃金に抑えられていたので、遊びお金もありませんでした。

 

実録・月80時間残業するとどうなる「その後の人生」

公私共にドン底を経験しましたが、その後、僕は転職し、残業も0時間になり、月収が10万程増え、人間関係も豊かになりました。

 

石の上にも三年という言葉は時代錯誤です。環境を変えることは大変勇気がいることですが、ブラック企業に勤める若者は早期離職を恐れず、一刻も早く辞めることをお勧めします。

 

tomolog.hatenadiary.jp