ともろぐ

お金や仕事に困らない知識を身につけよう!

会社員ブロガーはつまらないどころか面白いと思う3つの理由

スポンサーリンク

Pick up!

よく会社員ブロガーは面白くないと言われていますが、僕は会社員ブロガーはつまらないどころか面白いと思うんですよね。今回はその理由を3つ綴りたいと思います。

 

目次

 

インプットが多様

f:id:tomo-blog:20151009211741j:plain

会社員をしていると色んな人と出会います。仕事も色んなことを良くも悪くも任せてもらえます。そうなんです、家でずっとブログ書いてる人よりもインプットが多様なんですよ。

 

僕はニートのときに毎日ブログを更新していた時期がありますが、まあ内容が薄いこと薄いこと。遊びに行くお金もないので、ほぼコンビニやお店などで食べたものを紹介するだけだったりするのです。基本的にずっと家にいるのですからインプットが食か本かネットなんです。これでは面白いコンテンツが作れるはずもありません。

 

他に例を挙げると、林修先生がいます。彼は今ではTV番組に引っ張りだこの人気者ですが、以前は塾講師でした。で、林修先生はTV番組に出て塾講師以外の仕事をするようになって、塾講師として成長していると言っていて、東大に入学した生徒が以前に比べて増えたそうです。

 

なんでも、TV番組で色んな業界の一流の人と知り合うようになって、塾講師だけでは得られなかった刺激を受けて、沢山の多様なインプットを吸収したことで、授業の質が上がったと言っているのです。このことは塾講師以外のことにも当て嵌まると僕には思えてならないのです。

 

会社員は出勤日も6時間は自由

f:id:tomo-blog:20151010001008j:plain

そもそも会社員でも、残業がないなら、6〜7時間は自由な時間があるんですよ。

 

 

これだけ自由な時間があれば、ブログを書くのに十分過ぎます。休日だって年間365日中125日は一般的にあるんです。時間は理由にならないんですよ。

 

そもそも、時間が限られている方が生産性が高いと思うのです。逆に、無限に時間がある方が、生産性が低く、多くの人は面白いブログを書き続けられないと思うんですよね。イケダハヤトさんは化け物なんです。異常です。あのエネルギー源はなんなんでしょうか。どこで培ったのでしょうか。それは会社員時代に培ったものだと思います。

 

創作意欲が得られる

f:id:tomo-blog:20151010001153j:plain

そもそも会社員をやることで創作意欲がもの凄く湧くのです。会社員をやっていると、基本的に指図されるわけですから、マゾでもなければストレスが溜まるわけです。上司から言われた一言だったり、会社の意味がわからない規則やルールだったりに、ストレスがもの凄い蓄積されるわけです。

 

でもこれが創作においては、凄まじいエネルギー源だったりするんですよ。会社への恨み、妬み、嫉み、怒りが溜まるんです。僕がこのブログを始めたのも、新卒で入社した会社を一ヶ月で辞めて、その一ヶ月に色々と思ったことがきっかけです。

 

そして、早期退職した若い人が情報発信している記事を余り見かけず、辞めても大丈夫かどうか当時非常に心細い気持ちを抱いたので、3年以内に会社を辞める若者たちに向けて、辞めても大丈夫だよ!辞めた後でも楽しく生きてるよ!とブログで情報発信することにしたんです。本当に早期離職者は人生オワコンだと思ってましたから。。

 

会社員ブロガーはつまらないどころか面白いと思う3つの理由

会社員をやりながらも、ブログを書く、絵を書く、恋愛をする、副業をする、沢山手を出している人の方が経験値が多いので、面白いに決まってます。もちろん、一つのことを極めている人も面白いですが、そんな天才、変人になれるのはほんの一握りなので、それよりも色んな分野に手を出して、ナンバーワンよりオンリーワンを目指すのが、凡人が面白くなる一番の方法なのではないでしょうか。

  

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方