読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

サラリーマンは平日6時間も自由【仕事/通勤9+睡眠/食事/入浴9】

仕事
スポンサーリンク

Pick up!

ブラック企業を辞めて、転職した会社は定時上がりの会社でした。で、定時上がりの会社に勤めて感じたことは、サラリーマンでも定時上がりなら、自由な時間が多いということでした。

 

目次

 

時間の内訳(定時上がりの会社員)

f:id:tomo-blog:20151005232959j:plain

・労働時間8時間。通勤時間は往復で1時間。

・食事と入浴と睡眠で9時間。

これに24時間を引くと6時間も余るのです。実際に僕は会社に勤めていながらも、6時間もの自由な時間を持っています。

 

これ、びっくりしました。学生時代によく、「学生のうちに遊んでおけよー」っていうサラリーマンがいませんでしたか?あの人達は一体なんだったんでしょう。「イマドキの若者は〜」くらい意味がわかりません。

 

正直な話、お金がない学生時代よりも、お金がある社会人の方が全然遊べます。いやほんと。むしろ、授業にバイトに学生の方が遊ぶ時間なんてないのではないでしょうか。いま学生の人は、そのような大人のクソバイスなんて無視することをお勧めします。

 

旅行も全然余裕

f:id:tomo-blog:20151005233040j:plain

社会人になったらなかなか休みも取れないから、海外旅行に行っておいた方がいいよという大人もいませんでしたか。あれもただ先輩面したいだけのクソバイスです。騙されてはいけません。

 

よくよく考えてみてください。つい先日、シルバーウィークで5連休でしたよね。これ、有給2日使うだけで、9連休です。9連休もあれば世界中どこでも旅行いけますよ。その上お金がない学生時代よりもゆとりある旅行ができます。

 

定時上がりの仕事は沢山ある 

f:id:tomo-blog:20151005234057p:plain 

僕は新卒で入社した会社を1ヶ月でやめて、次の会社も3ヶ月でやめました。当時の会社は仕事内容も人間関係も悪く、労働時間もよく終電で帰っていました。そのときは気付かなかったのですが、僕は世間知らずだったらしく、定時上がりの会社は山程あるのです。そして、なんと、驚くべきことに時間当り生産性(給料)も、人間関係も良いのです。

 

意識高い系を誘惑する圧倒的成長 

情報不足、情報弱者とは怖いもので、影響されやすい僕は当時は意識高い系で、「圧倒的な成長」という言葉に悪く、まんまとブラック企業に勤めてしまったのです。ここで上手いこと洗脳されれば、うぇーい系へとアーマー進化することができたのですが、僕は根っからのゆとり世代なので無理でした。

f:id:tomo-blog:20100711160739j:plain

アーマー進化 - Google 検索

 

社会経験が少ない学生時代は騙しに騙され、気が付くとボロボロに身ぐるみ剥がされてしまったりします。特に自己啓発本に触発されている人は気を付けてください。甘い言葉であの手この手で身ぐるみ剥がそう剥がそうとしてきます。また悲しいことに、そうして身ぐるみ剥がされても誰も同情なんてしてくれません。むしろ、「人のせいにするな」と言われておしまいです。自分の身は自分で守るしかないのです。世知辛い世の中です。

 

サラリーマンは全然平日も自由な時間があります。別に会社で長時間働いたからといって成長できるわけではありません。むしろ、定時上がりの会社で特定のキャリアを積みつつ、空いた6時間で他のキャリアを積んだ方が成長もできて、いまどきの働き方、リスク回避なんではないでしょうか。そんなことをうぇーい系記事をみて思いました。