読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はゲームである。

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

吉祥寺の九州ラーメン祥に行ってみた

スポンサーリンク

Pick up!

吉祥寺のサンロードのど真ん中にある黄色い暖簾で目を引くこのお店が祥。余りにも好立地で目に付くので、行ってきました。
 

目次

 

吉祥寺の九州ラーメン祥の外観

f:id:tomo-blog:20140328133911j:plain
九州ラーメンということは、博多ラーメンですね。細麺で替え玉が特徴のラーメンです。
 

吉祥寺の九州ラーメン祥の博多ラーメンとは

博多ラーメン -Wikipedia- 
主に福岡県福岡市で作られる、豚骨スープとストレートの細麺をベースにした日本のラーメン。主に福岡地方のラーメン専門店、中華料理店、屋台で提供される。味付けや色合いは店や地区によって千差万別だが、基本的には豚骨主体の乳白色のスープと極細麺が特徴。豚骨を強火で沸騰させるため、骨のゼラチンなどが溶け出し濁ったスープになる。麺の硬さを注文する点や替え玉も当ラーメンの特色になっている。
 
-麺- 博多ラーメンで使われる麺は、日本の素麺のような白っぽく細い、極細ストレート麺が一般的。 加水率は24-28%またはそれ以下と低いため、コシはなく粉っぽく、スープを吸いやすい。その分のびやすいため、他の地域と比べて分量は少なめで提供する店舗が比較的多い。麺が細い理由は、麺とスープがよく絡むようにするためと、深夜・早朝に多忙で時間的余裕のない市場関係者に対し、極めて短時間で麺を茹で、入店後即提供出来るようにするためであり、これが考案され最初に使われたのが中央区長浜の元祖長浜屋であり、同店が今日一般的な博多ラーメンの極細麺の起源といわれる。
 

吉祥寺の九州ラーメン祥のメニュー 

f:id:tomo-blog:20140328133924j:plain
結構種類があります。
 
f:id:tomo-blog:20140328133939j:plain
食券制で、上は高価格帯を連ねるという仕様になっていました。笑
 

吉祥寺の九州ラーメン祥の麺

f:id:tomo-blog:20140328133959j:plain
麺にこだわっているようです。
 

吉祥寺の九州ラーメン祥の内観

f:id:tomo-blog:20140328134009j:plain
このようにカウンター席がなっており、奥にテーブル席も2つほどありました。
 

吉祥寺の九州ラーメン祥のラーメン

f:id:tomo-blog:20140328134022j:plain
ラーメン650円。シンプルです。
 

吉祥寺の九州ラーメン祥の感想

コスパも味も普通。スープも特に個性はありません。でも立地はピカイチ。チェーン店ぽい雰囲気で、キッチン2名とホール1名(アルバイト女子)。色んな人がひしめく吉祥寺サンロードのど真ん中には持ってこいのお店、という印象ですね。
 
客層も若者からカップル、サラリーマン、家族連れ、おじいちゃんおばあちゃんと見事にバラけていました。とにかくラーメンの気分で、無難に美味しいラーメンが食べたいって方にはオススメのお店ですね♪
 

関連ランキング:ラーメン | 吉祥寺駅井の頭公園駅