ともろぐ

お金や仕事に困らない知識を身につけよう!

六本木の芸能人行きつけのお店「つるとんたん」

スポンサーリンク

Pick up!

六本木の芸能人行きつけのお店としても有名な「つるとんたん」に行って来たので、綴ります。
 

目次

 

つるとんたん六本木店とは

Wikipedia
1978年、レジャーホテル、レストラン、高級旅館、公共リゾート施設等、あらゆるレジャー事業の総合的な開発を行うプロデュース企業 カトープレジャーグループが、レストラン事業の一つとして大阪府に『麺匠の心つくし つるとんたん』を創業。
 
現在数店舗を展開しているが、その店舗一つひとつに違ったコンセプト、テーマ、キーワードを持っており、同じチェーン店でありながら立地条件や建物の雰囲気によって独特の店舗となっている。もともと東京進出の予定はなかったが、大阪の店舗の常連であった夏木マリが「東京でも『つるとんたん』のうどんが食べたい」という一声がきっかけとなり、2005年に彼女をトータルディレクターとして六本木店が開店した。
2005年につるとんたんの常連である夏木マリによって、六本木につるとんたんが開店したんですね。エピソードも凄いですね、さすがつるとんたん。笑
 

つるとんたんの名前の由来

『つる』はおうどんをつるつるすする音
『とん』はおうどんをとんとん打つ音
『たん』はおうどんをたんたん切る音
 

六本木つるとんたんの雰囲気 

f:id:tomo-blog:20140316171520j:plain
1階のカウンター席です。なかなか高級感あって洒落ています。板前さんがたくさんいて、期待できる感じ。
 
f:id:tomo-blog:20140316171534j:plain
1階のテーブル席。メディアに露出が盛んなため、観光地化しており、若い男女が大勢いました。
 
f:id:tomo-blog:20140123185638j:plain
僕らは2階席のカウンターに案内されました。ここも板前さんが目の前で調理してくれます。完全にうどん屋というより、高級店って 感じです。笑
 
f:id:tomo-blog:20140123185703j:plain
うどんって安価で早いイメージだと思うんですけど、ここは1000円程します。時間もそれなりです。
 

六本木つるとんたんの内容

サービスや店の内装は完全に高級店って感じで、うどん屋のイメージで来るとあれかもしれません。でも、メディアの露出が激しいので客層はそんなに上品ではないですね。でも、気軽にデートなんかにはもってこいの場所なんじゃないでしょうか。また行きたいと思いました。
 
ただ、平日の8時ごろに到着し、1時間弱並びましたが。雨の日に。笑
 

つるとんたんは六本木だけでなく、新宿の歌舞伎町にもある

六本木だけではなく、新宿の歌舞伎町にもあるみたいなので、今度はそっちに行ってみようと思いました。一人1,000〜2,000円で十分楽しめるカジュアル高級店って感じなので、並ぶのさえ良ければ、是非一度行ってみるといいと思いますよ♪
 

つるとんたん 六本木店

食べログつるとんたん 六本木店