ともろぐ

お金や仕事に困らない知識を身につけよう!

待遇が悪くてもいいからやりたいことを目指すのか、やりたいことではないけどできることをやるのか

スポンサーリンク

Pick up!

前回の記事「自分の特性や経験からバリューを出すことについて考えてみた - Life is game!」で、やりたいことをやってバリューを出すことについて書きました。一方で、やりたいことに執着し過ぎるのも危険だよなあと思う自分もいるので、今日はそのことについて書きたいと思います。

 

目次

 

好きなこと、やりたいこと

好きなこと、やりたいことをやろう!って煽る人たくさんいると思うんですけど、実際にそれで生活出来てる人って一握りじゃないですか。煽る人って弱者の視点が欠けてる人が多い気がします。自分ができるからって他の人もできるだろうというのは、ちょっと疑問に思うことがあるんですよね。それに、好きなこととかやりたいことって変わりますよね。だから、あんまり執着し過ぎるのもよくないなあと。周りを見ていても、この人はこの道じゃないと思うことがあります。

 

やりたいこと仕事にした結果

僕のキャリアは最初やりたいことからスタートしました。お笑い芸人です。吉本興業の養成所に入ったんですね。でも、挫折しました。やりたいことだし好きなことでもあったんですが、思うようにネタ作りやネタ見せができなかった。そして、自分よりできる人をみて、この道では勝てないなあとやめました。何より食べていけない。

 

できることを仕事にした結果

次に僕はできることの道を選択しました。不動産の営業職です。ITの専門学校への学費集めの為に入ったようなものでした。消費税増税前の一年間で物件を売るだけ売ってお金をガッポリ稼いだらやめようというお金のためにやっていたので、正直何も面白くありませんでした。そして、現在通っている学校の存在を知り、従来の専門学校と違って学費が安く、協力なコネがあって就職保証も保証してくれるということで、すぐに会社をやめました。

 

やりたいこととできることを仕事にした結果

やりたいことをやって上手く行かず、できることをやっても上手く行かず、僕は2つの道で失敗をしているんですよね。そして今、3回目に選んだ道は、ITの世界です。お笑い芸人の道はやりたいことだけど非現実的でした。不動産営業の道は現実的だけどやりたいことではなく苦痛でした。今回はやりたいことで、やってやれないことはない現実的な道を選びました。自分が作ったもので、多くの人に影響を与えたいんですよね。ITの世界は夢があります。

 

やりたいこととやりたくないこと、できることとできないこと

要はバランスだと思うんですよね。やりたいこととやりたくないこと、できることとできないこと、その間でベストな着地点を選び、決めたら全身全霊全力を尽くすことが、真にバリューを出すためには重要である、というのが僕の出した結論です。もし駄目でも、また違う道に挑戦したらいいと思うんです。諦めずに挑戦していれば、どれか一つは当たると思うんですよね。そのためにも、日々精進です。

 

大学生のためのキャリア講義 就活本を読む前に

大学生のためのキャリア講義 就活本を読む前に

  • 作者: 山本直人
  • 出版社/メーカー: インデックス・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る