読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともろぐ

新卒入社1ヶ月で会社を辞めたゆとり世代。その経験から「短期離職者の生き方」を共有しています。

読書

堀江貴文本「好きなことだけで生きていく」想像以上に具体的だったので紹介する

5月9日に発売された堀江貴文氏の新著「好きなことだけで生きていく」は、その名の通り、堀江貴文氏の信念「人は好きなことを仕事にして、生きていくことができる」を著した本になっています。 その中から「好きなこと・やりたいことを仕事にして生きていき…

堀江貴文本「多動力」熱意ない94%の会社員から抜け出す方法

堀江貴文氏の新刊が昨日販売されました。これが大変な良書でしたので、その中から「会社勤めがダルい・楽しくない・面白くない」といった会社員の人生を変えるきっかけとなる箇所を紹介します。 目次 目次 生産性が低く、熱意もない日本の会社員 極端に物事…

ちきりん著「自分の時間を取り戻そう」が現代人必読本すぎる!

社会派ブロガーとして有名なちきりんさんの新著「自分の時間を取り戻そう」が出版されました。この本は「自分のアタマで考えよう」「マーケット感覚を身につけよう」に続くシリーズの3冊目です。 本シリーズでは一貫して「今後の社会を生きていくために、そ…

タモリ流「嫌いな人・女性への接し方」が超絶真理!

前回の記事「タモリ学「人間関係をうまくやるには偽善以外ない」が深すぎる!」が大変反響を頂きました。そこで今回も、皆さんお悩みの人間関係について、目から鱗の「タモリ学」を紹介します。 目次 目次 タモリ流:嫌いな人と合わない人への接し方 タモリの…

タモリ学「人間関係をうまくやるには偽善以外ない」が深すぎる!

みなさんご存知タモリさん。しかし、意外とタモリさんについてのエピソードは少ないですよね?そんな貴重なタモリさんのエピソードが沢山綴られている「タモリ学」という本を読んでみたところ、人間関係に対しての深いお言葉がありましたので、紹介します。 …

1万円のベストセラー本「1日30分勉強法」が凄すぎる!

著者、古市幸雄氏のHP上で、「負け犬にならないための勉強法」というタイトルで1万円の値段で販売し、ネット上だけで500部以上も売れたというベストセラーを加筆修正し、1冊の本にまとめた「「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55」とその続編「「朝…

雇用・失業保険/雇用・失業手当は公共職業訓練がお得すぎる

雇用・失業保険/雇用・失業手当についての書籍を熟読したところ、有益な情報が掲載されていました。そこで、前回は主な改正点を紹介しましたが、今回はお得な活用術や雇用・失業保険/雇用・失業手当についての基本情報を書籍から抜粋して紹介したいと思います。 …

雇用・失業保険/雇用・失業手当の延長手続きまとめ

第7版 失業保険150%トコトン活用術 (DO BOOKS) posted with ヨメレバ 日向 咲嗣 同文舘出版 2015-06-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 雇用・失業保険活用術の最新版の本を購入しましたところ、雇用・失業手当の延長手続き方法や平成26年4月改正の内容が、非常…

会社辞める人を呪う同調圧力「皆と違う方向に行くしか楽しみはない」

先日更新した湯山玲子さんと雨宮まみさんの対談記事が好評だったので、もう一つ印象深いエピソードを紹介します。 目次 目次 皆と違う方向に行くことしか楽しみはない 日本社会の同調圧力 抜け駆けを許さない日本社会 同調圧力という名の呪い 集団の中から違…

湯山玲子が語る!生活習慣の最重要点「ネガ転」にならない方法

だって、女子だもん!!: 雨宮まみ対談集 posted with ヨメレバ 雨宮 まみ,湯山 玲子,能町 みね子,小島 慶子,峰 なゆか,おかざき 真里 ポット出版 2012-11-05 Amazon Kindle 楽天ブックス こじらせ女子の名付け親として知られるAVライターの雨宮まみさんが、峰…

古市憲寿著「絶望の国の幸福な若者たち」が想像以上に衝撃本〜世代間格差1億円〜

古市憲寿氏の名を世に広めたベストセラー本「絶望の国の幸福な若者たち」が文庫本化され、お求めやすくなったとともに、4年前の統計調査から最新版の統計調査が新たに加わり、さらに章ごとに追記されたので、紹介します。 目次 目次 若者の幸福度はここ4年…

ストレングスファインダーで34資質→自分の強み5つ特定!

ストレングスファインダー、超お勧めです。自分の強みを34個の資質の中から5個のみ教えてくれます。この自分の強みを5個のみ教えてくれるというところがポイントです。 目次 目次 ストレングスファインダーは就活生必読の良書 ストレングスファインダーの評…

ベンチャーファイナンスとは「起業のファイナンス」磯崎哲也

起業家が薦める企業本で必ず出てくる磯崎哲也著「起業のファイナンス」を読了したので、書評します。 目次 目次 磯崎哲也著「起業のファイナンス」の内容 会社とは何かの目的のために法人格を与えられているもの 企業数は全国で約300万社 上場もしないしバイ…

【書評】なぜ投資のプロはサルに負けるのか?藤沢数希

恋愛工学で有名な藤沢数希の「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」が名著だったので、紹介します。 目次 目次 藤沢数希著「なぜ投資のプロはサルに負けるのか?」の内容 ブランドとは消費者や労働者を搾取する仕掛けに過ぎない 保険会社は複雑な商品設計に…

法人格獲得の指南書「貧乏はお金持ち」橘玲

「貧乏はお金持ち」という橘玲さんが法人格を薦める名著を読了しました。とても素晴らしい内容だったので、紹介します。 目次 目次 貧乏はお金持ちの内容 お金を獲得するたったひとつの方法 サラリーマンと起業家の決定的な違いとは「会計・税務・ファイナン…